Blog『新宿通り・若旦那通信』

“新宿通りの若旦那”こと、新宿・甲州屋呉服店の志村郷親が、「着物」や「和文化」、日々の仕事のことなどについて語ります。

新宿・甲州屋の「春の帯まつり」限定の帯をご紹介!

こんにちは!
“新宿通りの若旦那”こと、
甲州屋の志村郷親です。

1月も後半に差し掛かりましたね!

もうお正月気分は抜けましたでしょうか?

ここのところスーパーやデパ地下などで恵方巻きの予約や宣伝が始まっていて、もう節分の季節なんだなあと改めて月日の早さを感じます。

恵方巻きと言えば、昨年、すごい恵方巻きを発見しました!

マグロやタイなどの高級食材をふんだんに使っていて、ものすごくおいしかったのを覚えています。
(お値段もそれなりにすごかったんですが(汗))

太巻きによく入っている「桜でんぶ」が昔からあまり得意ではない私にとって、かなりインパクトのある恵方巻きでした。

今年はどんな恵方巻きと巡り合えるか、ちょっと楽しみな今日この頃です。

さて、話は変わりまして…

先週ご紹介した「春の帯まつり」がささやかながら開催中です!

ということで、今回はキャンペーン中の帯をご紹介しようと思います。

こちらは、牡丹唐草(ぼたんからくさ)の地紋に白ベースの品のある緑と茶のぼかしが印象的な全通名古屋帯になります。

格調高い柄遣いの着物から、附下(つけさげ)や無地にも使えますので、使い勝手がすごくいいんです。

こちらの帯は、「春の帯まつり」限定の出品となりまして、お値段は65000円(お仕立て代込み。税別)でご案内させていただいております。

他にも、この帯のように用途が豊富で使い勝手の良いものを色々とご用意しておりますので、ぜひこの機会にご覧になっていただければと思います。

「春の帯まつり」は1月末まで開催の予定です。

先週に引き続き、新宿・甲州屋の「春の帯まつり」をどうぞよろしくお願いします!

↓ ↓ ↓
【新宿・甲州屋呉服店の店舗案内はこちら】

 

追伸 

今後も、新着商品情報、イベント情報などを確実に受け取りたい方はこちら

【和服東京】メンバーについて

 

関連記事

アーカイブ

桑の苗木植樹プロジェクト

Twitter でフォロー