Blog『新宿通り・若旦那通信』

“新宿通りの若旦那”こと、新宿・甲州屋呉服店の志村郷親が、「着物」や「和文化」、日々の仕事のことなどについて語ります。

寒さのピークはいつまで?2022年の節分の日と恵方(吉方)もご紹介。

こんにちは!
“新宿通りの若旦那”こと、
甲州屋の志村郷親です。

1月もあっという間に終わりに近づいてきましたね。

それにしても、最近ものすごく寒くないですか?

いったい寒さって、1年でいつ頃がピークなのかな?と気になりまして、またまた調べ癖に火がついてしまいました(笑)。

で、調べたところ、どうやら1月下旬の「大寒」頃~2月上旬が、1年の中での寒さのピークとなるようです。

※ご参考 寒気居座る 寒さの底は?大雪や厳寒いつまで? 来週は南岸低気圧の動向に注意

昔からカレンダーに書いてある暦というのは、「なるほど、本当のことを言っているんだな」と改めて感じた次第です。

確かに来月初めには「立春」がありまして、暦上は春の始まりで、そこから徐々に暖かくなってきますもんね。

余談ですが、私がまだ小学生ぐらいのときのことです。

2月の建国記念日くらいの日だったと思うのですが、まだ真冬と言ってもいい時期にもかかわらず、ジメジメして何とも言えない汗ばんだ気持ち悪い陽気の日があったことを思い出しました。

2月に入ると暖かくなってくるといっても、急に薄ら暑くなったかと思えば、キンキンに冷え込む日もまだあったりしますので、「寒暖差疲労」に注意が必要ですね。
季節の変わり目は、より一層体調にお気を付けてください。

さて、「立春」の話が出ましたが、来週は「節分」がありますね!

2022年の「節分」は、「立春」の前日になりまして、2月3日(木)になります。

昨年は実に124年ぶりに暦の誤差調整があったため、「2月2日」が節分でしたが、しばらくはまた例年通り「2月3日」の節分が続くようです。

既にスーパーやデパ地下などの食品売り場では、「恵方巻き」の予約受付や宣伝が声高に謳われていますね。

あなたは今年、「恵方巻き」を召し上がる予定ですか?

私は一度だけ、割と豪華目な海鮮恵方巻きを食べたことがあるんですが、豪華だったゆえに、「無言で吉方を向いて一気に食べきる」のはなんだかもったいないなと思ってしまいまして、普通にゆっくりと味わって食べた記憶があります(笑)。

ちなみに、今年2022年の恵方巻きの方角は、「北北西やや北」とのことです。

昨年同様、外のイベントの雲行きが怪しい状況となりましたので、ここはひとつ、少し豪華目な「恵方巻き」をお家でゆっくり楽しむのもありかもしれませんね!

最後に営業時間等についてのお知らせです。

先週末より、東京都に於きましては「まん防」が発出されております。

それに伴い、私共甲州屋の営業時間は10:00~18:30とさせていただき、閉店時間を30分早めることになりました。

なお、この特別営業時間の実施期間は、2/12(土)までとさせていただく予定です。

また、密回避のため、ご来店の際はご予約されることを推奨しております。

お電話またはメールにて承りますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

◆お電話
03-3341-3043
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 日曜日・祝日

ご予約フォーム

引き続き、状況の変化や行政等の方針の変化により営業時間等を変更することがありましたら都度お伝えしていきます。

次回もまたよろしくお願いします!

 ↓ ↓
本格着物・浴衣・帯のお直し、修繕のご相談を承ります。

 

追伸

「着物」や「和文化」に関連して、心機一転何か新しいコトを始めるなら…

【和服東京】メンバーについて

 

関連記事

アーカイブ

桑の苗木植樹プロジェクト

Twitter でフォロー