Blog『新宿通り・若旦那通信』

“新宿通りの若旦那”こと、新宿・甲州屋呉服店の志村郷親が、「着物」や「和文化」、日々の仕事のことなどについて語ります。

7月の新入荷!「鰹縞(かつおじま)」の柄づかいが粋の夏大島

「鰹縞(かつおじま)」の柄づかいが粋の夏大島

こんにちは!
“新宿通りの若旦那”こと、
甲州屋の志村郷親です。

7月に入りました!

まだまだ梅雨でぐずついた天気が続きますが、まもなく夏のイベントシーズン突入ですね!
こちらのブログでも随時、商品やイベント情報をご紹介しますのでお見逃しなく!

ところで最近、世間をにぎわせている着物界隈のニュースと言えばこれですよね。

KIMONOイコール補正下着と刷り込み 米国セレブは「ブランド名を変えるつもりない」と宣言

色々と非難が起きておりまして、「文化の盗用」など厳しい意見も見受けられますが、この記事によると、名付けたご本人は名前を変えるつもりはないのだとか…

私は、この方がどういうつもりで名付けたのかが非常に気になります。「日本大好き」で付けたのならまだわかりますが、どうも過去にも文化的な盗用ともみてとれる騒ぎを起こしているようなので、話題作りなんでしょうかね?こういった知名度の高い人の発信は影響力がありますので、後々おかしなことにならないか危惧します。

さて、7月に入って入荷した新商品のご紹介です!

こちらは「夏大島」

「鰹縞(かつおじま)」の柄づかいが粋の夏大島

「鰹縞(かつおじま)」の柄づかいが粋な反物が入荷しました!

「鰹縞(かつおじま)」とは、もともと江戸時代から浴衣に使われていた柄づかいです。最近になって、着物にも使われるようになりました。

「大島」と言ったら非常に「お高い」というイメージをお持ちのお客様も多くいらっしゃると思いますが、いわゆる非常に「お高い」大島は、「泥染」、「絣(かすり)」で織り上げたもので、こういった先染めの糸を織り上げたものはリーズナブルだったりします。

¥70000(税別、別途お仕立代でご案内しておりますので、気になったらぜひ見に来てくださいね。

またよろしくお願いします!

【新宿・甲州屋呉服店の店舗案内はこちら】

 

追伸

夏物新着商品情報、イベント情報を確実に受け取りたい方はこちら

【和服東京】メンバーについて

大人の女性が似合う本格浴衣の買い方・選び方

関連記事

アーカイブ

桑の苗木植樹プロジェクト

Twitter でフォロー